HOME > 生活創造建築家 タナベアツシのブログ

生活創造建築家 タナベアツシのブログ

扶桑社 リライフプラス Vol.23 掲載されました。

大変遅ればせながら 新年あけましておめでとうございます。
ご挨拶も もう遅すぎですね!
昨年2016年は 弊所設計のマンションリノベーション物件 2度ほど雑誌に掲載されました!
12月13日発売のリノベーション季刊誌 リライフプラス VOl。23 4ページほど掲載されました。
横浜 マンションリノベーション。 リタイヤされたご夫婦が ご両親のお住まいであった200㎡もある住戸を一新し 新しい生活を楽しんでくださっています。
ご主人は大のJAZZ好きで お酒をのみながら音楽を楽しむひと時を、奥様は料理が得意!いままでの使いにくいキッチンから卒業して オープンキッチンを。
お二人のご要望を実現いたしました。
大きなリビングなのになんか閉塞的だった空間を広げ、その各々のコーナーには なにをするか 位置づけをしていきました。
それぞれの居場所を創っていくコンセプト。
ゆっくりお食事を楽しみ 会話も弾むと喜んでくださってます。
もしよろしければ本屋さんでのぞいてみてください。
3月まで売っています!!
ではでは 皆さまにとって 良い一年でありますように!
田邉淳司

扶桑社 リノベーション専門誌"Relife+"に掲載されました。

ブログが久々の更新になってしまっています。
ご無沙汰しております。田邉です。
今月3/14に 扶桑社から発売されていますリノベーション雑誌”Relife+" リライフプラスVol.20に 弊所デザインのリノベーションプロジェクトが掲載されました。
マンションリノベーションです。
ご両親のお住まいになる近くに中古マンション物件を購入、ライフスタイルに合わせたリノベーションを施し、程よい距離感を保ちつつ快適に豊かに住まう という特集です。
73ページから6ページも割いていただき、丁寧に紹介されています。
小学生のお子様の成長に合わせた間取り、オーナーのワークスタイルに合わせたキッチンダイニング空間を実現、また素材、空気感も 私のイタリアでの経験を生かした、シンプルながらさわやかで気持ちの良い空間を造りました。
もしご興味がありましたらぜひご覧ください。季刊誌なのでまだ購入できると思いますよ。上記URLリンクからアマゾンに行きます!
当方住まいにまつわる建築設計をしておりますので、マンションスケルトンリノベーションはもちろん 新築戸建て住宅、共同住宅や宿舎 研修所、家具デザインなども手掛けております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
タナベアツシ

無事に地鎮祭を執り行いました!

都内某所 耐火建築木造住宅の挑戦。
確認申請がようやくおりまして、工務店さんとお施主さんとで内容の確認も無事できました。
工事請負契約も締結。
そして着工です!
まずは 地鎮祭!
先日 東京都では36度の予想でしたその日の13時に 地鎮祭を行いました。いやー 暑かった~!
地鎮祭150721.jpg

無事に地鎮祭を執り行いました!の続きを読む

9年経ってやっとここまで!イタリアの集合住宅

先月 南イタリア アルベロベッロという 留学していた町に戻りましたが、
9年経ってようやく 形ができてきました・。
やっとここまできました。。
CDQII.jpg
公共事業なので、毎年少しずつ予算がでるのでしょうけど、高齢者用の町営集合住宅なので 早く竣工しないと意味ないじゃないか?!と思いつつ。イタリア時間は相変わらずです。。

9年経ってやっとここまで!イタリアの集合住宅の続きを読む

都内近郊 住宅地の新築計画

暑い日が続きます!
伊太利より帰国して約1か月。なぜか海外に滞在すると お仕事の相談をいただくことが多いのはなぜでしょうか?メールがある時代で本当によかったです。
以前 木造住宅を設計させていただきましたSさんからのご紹介により、御親戚が新築を計画している ということで ご紹介いただきました。
 私なりに ご家族の日々のライフスタイルを実現すべく 知恵を絞ってみました。
P7210548.jpg

都内近郊 住宅地の新築計画の続きを読む

4年ぶりにイタリアに戻ってました

2010年以来 ずっと忙しくて行けていなかった 南イタリア。
私にとっては運命的な出会いから 切っても切れない場所になったアルベロベッロ町。
お世話になったニネッタママ 建築の親方ニーノパパとの再会の他、
修復の仕事を確認したり、9年前に私が設計した建物の進捗を見させてもらったり、建築家の仲間と会ったり。。
また日本から設計のお仲間や地元の友人らも一部来訪してもらい、一日一日が密度濃い 最高の里帰り(?)になりました。
追々まとめてご紹介いたします。
私が 設計に対して”ライフスタイル”をテーマにしてきた理由を 少しずつ説明できればな と思っています。
写真はアルベロベッロ町 旧市街。トゥルッリ という民家がひきめきあっている街区です。今でも住宅や店舗で現役の建物。文化的遺産に対して、日本が見習うべきものがたくさんあります。

あと1週間! 都内マンションリノベ

都内某所 マンションのスケルトンリノベーション 工事が進んでいます。

P5090662.jpg














シンプルでありながら 使いやすく! という 普遍的なテーマですが、今回のクライアントさんは私と同年代のご夫婦で、とてもスッキリとした空間をご所望されていました。
選んだのは 
①ウォールナット シックな木質建材としては最近本当に増えましたね。
②ライトグレーの扉と壁紙(織物調ですがかなりシンプルなデザイン)これがスッキリしてて良い!
③アクセントとして、ダークグレーの造作家具
この3種をバランスよく配置し、各々のスペースでの具体的な生活行動を実現します。
クロスも貼られ 家具も無事設置!
あとは電気と細かな材料の設置などで1週間で養生がはがれ 全貌がうかがえます
楽しみですねー!

都内新築の地盤調査。

都内某所での新築工事、進んでいます。
先日ゴールデンウィーク前後に 無事に既存住宅を取り壊すことができ、更地になりました。
都内下町は、割と”地下埋設物”が多いようですが ここは幸いなにも出てこないようです。よかった。!
さて 引き続き 地盤の調査です。

都内新築の地盤調査。の続きを読む

都内某所 耐火木造住宅への建替え 始まります。

昨年末よりご依頼をいただいていました 都内某所の住宅建替え計画。
防火地域で しかも敷地状況から 3階建てで計画しました。
川沿いで地盤も良くなく、鉄骨や鉄筋コンクリート造では重くて杭が大規模になりすぎてしまうので ”耐火木造”という道を選びました。

都内某所 耐火木造住宅への建替え 始まります。の続きを読む

都内マンションリノベーション だいぶ形になってきました 

先月解体がほぼ終わった都内マンション スケルトンリノベーションの現場ですが、だいぶ壁も立ち上がり、形ができてきました。
単調になりがちな廊下ですが、全館空調に近いエアコンであるため、廊下とリビングの間をオープンにしてみました。
施主との遊び心、。 壁が抜けていると やはり奥行き感と一体感が違いますね。天井も浮いて見え、軽く見えます。
少しずつ 完成に近づきます。楽しみです。

12345678910

アーカイブ

このページのトップへ