HOME > 生活創造建築家 タナベアツシのブログ > アーカイブ > いろいろな見聞 > 4ページ目

生活創造建築家 タナベアツシのブログ いろいろな見聞 4ページ目

歌舞伎に行ってきました!

昨夕は 待ちに待った!
25年ぶりの歌舞伎座 勘三郎さん7周忌追善公演 観劇でした!
しかも一等席二列目ど真ん中という!
 仁左衛門さん 玉三郎さんと勘九郎七之助兄弟の共演を
目の前で観れるなんて本当にラッキーでした!
181011-1.jpg

181011-2.jpg

観劇後は 銀座の文豪ライブラリーバー 十戒にて
181011-3.jpg
お誘いいただいた中学校の先生と青いカクテル
181011-4.jpg
夢のような夜でした。

クラリネットとアルトサックス

約10年ぶりに引っ張り出しましたクラリネットとアルトサックス。
ご縁ありまして ! 復帰に向けてパンドラの箱 2箱 開けてみました!
実は私 高校で吹奏楽部クラリネットパート 大学 ジャズフュージョンバンド で
サックス吹いてたんです
社会人になって 友達の結婚式でたくさん吹かせてもらった!
中年おじさんになったけど まだまだ やってまおうかな!笑
 180829-7.jpg

メタルマクベス

今日はクドカン メタルマクベス@360度シアター。
180826-1.jpg
シェイクスピア全く知らない どうしよう。
180826-2.jpg
まあクドカンだから楽しめると思います。

槇原敬之コンサート

初!槇原敬之コンサート
初!国際フォーラム。
年齢層高し笑!歴代の名曲を歌ってくれました。
懐かしいねえ 歌って その時聞いてた自分に戻れるのが素敵。
20年前初めて南イタリアに行った時に聞いてた歌も
歌ってくれたマッキー。
ありがとう!
妻K誕生日2日に渡るパーティーでした。
※チケットは勝手に取ったので彼女の意向ではありません笑
180712-11.jpg


陶芸家 濱田庄司

私の父型の祖父の兄貴である濱田庄司 益子焼の陶芸家。
この度世田谷美術館で 展示してくださっています。
 私が6歳の時に亡くなっていますが、
遠いので会ったことはありません。
父はサラリーマンですので芸術家としての接点もありません。
ですが、陶芸と建築 という違う分野ですが
ものすごくびっくりするくらいコンセプトが似ていてビビりました。
いただいたご縁を信じつつ笑、彼には到底なれないですが
住宅分野で頑張ります。 もしご興味あれば 是非足をお運びくださいませ?!

180703-1.jpg

バーリからパルマ

プーリア滞在 あっという間の10日間。
マンマ他 家族仲間の皆とお別れし、
バーリからパルマまで 6時間の電車の旅。
180625-4.jpg

180625-1.jpg

アドリア海沿を 一気に駆け上がります!


W杯

昨日の夕方は 師匠ニーノの家で 日本 セネガル 見てましたよ!
イタリアが出場していないイタリアの師匠は
当然雰囲気を読んでくれて笑 日本のサポーターに!
引き分けでもよかった!
 孫達と盛り上がりました。アルベロベッロ滞在最後の日。良い思い出!
180625-5.jpg

カステルデルモンテ

アルベロベッロを中心に北から南へと約300kmの縦断?
 久々のカステルデルモンテ!
180624-10.jpg

180624-11.jpg

と イタリア最東端に立つセルぺ塔。
180624-13.jpg
 鎌倉時代ちょっと後くらいの建物達です。
と ボーキサイトの掘削場。
180624-14.jpg
プーリア州は長くて大きくて歴史も深い。

W杯12年前のイタリアは・・

ホテル前にて食前酒ー
読めるフリしてスポーツ新聞広げてみた笑
W杯ばかり。H組の記事が無いぞ!
180622-2.jpg
でもイタリア 静かです。
12年前の大騒ぎが嘘のよう。
ちょっとかわいそうになってきたわ・・

ジャンカルロチェチ~ワイナリー~

建築学科の友人 ヴィトから誘ってもらい
同じく建築家のアンジェラと H姉さんと
ワイナリー ツアーしました。ジャンカルロチェチ。
180621-3.jpg

180621-7.jpg
 通常の有機と違い 神秘学者のルドルフシュタイナーが提唱している
ダイナミックオーガニックだそうです。よくわかってませんが笑
180621-4.jpg
プーリアでよく使われるぶどう品種を使い分け??
素晴らしいワインを生産しています。
 遠くにカステルデルモンテを望みながら 試飲を兼ねた有機野菜のランチコース。
180621-5.jpg

味の方は言わずもがな、一生忘れられない豊かな時間を過ごしました。
180621-6.jpg

<<前のページへ1234567

« TV・雑誌・取材協力・執筆等 | メインページ | アーカイブ | イタリアの事 »

このページのトップへ