HOME > 生活創造建築家 タナベアツシのブログ > アーカイブ > TV・雑誌・取材協力・執筆等

生活創造建築家 タナベアツシのブログ TV・雑誌・取材協力・執筆等

ラブレター(感想文)?

【お仕事の話の講演を聴いてくれた小学生 高校生から ラブレター(感想文)が 届きました‼️】
たまたまなんでしょうけど 今年の秋は 地元小学6年生と、卒業した高校の3年生 とに 
身の上と仕事の話 進路に関して役立つ話(?)をする機会を与えてくださいまして、
内容としては、失敗談やメンターとの出会い 住宅設計者としての楽しい仕事の説明や
 生徒さん皆んな各々に合ったお仕事ってあるよ! みたいなことをお話ししてきました。
そしたら どちらからも、感想文をまとめて送ってくださいました‼️
率直な感想として “みんな真剣!” ということです。
高校生向けと 小学生向け 内容の濃淡はつけましたが 
ほぼほぼ同じ内容にしたのですが、感想文を読んで思ったことが 
小学生と高校生で 捉える部分が少し違っていたことに気づきました。
小学生の感想文は 
建築士の仕事の内容が知れてよかった
家って 設計者が一方的に設計するのかと勘違いしてた
古い建物も蘇るってすごい!
など 直接建築に対する感想が多かったのですが、
高校3年生は
会社辞めてイタリアに修行に行っちゃう行動力とか、(照れる)
大学決まったらほぼ人生が決まると思ってたが そうじゃないとわかって安心した とか
恩師に会うことの大切さ とか
自分に置き換えて考えてる子が多かった
ということを感じました。
いずれにしても 何か感じてくれたことがあったようです☺️
一方、共通して感想に書いてくれたのが
(好きなこと得意なこと人の役に立つことの3つを考えてみようという話をしたんだけど)
え 好きなことを仕事にしていいんだ!って 
少しホッとしました というコメントが多かったことです。
何か夢を諦めてしまってるのか そもそも好きなことが仕事になんてならないと思っちゃってるのか 
今の子供たちは知らないうちに縛られて生きているのではないかなあ と感じてしまいました。
感動から考えましょう 感動した自分を信じましょう とも言ってきました。
まずはロジカルに考えないといけない世の中になっちゃってるのかな。
いえいえ パッションエモーションは 一番大事にするべきだと思っているので 
出来るだけ 感動 ワクワクする経験をしてほしいなー と 思いました。
あと バーチャルなもので埋め尽くされてしまったこの世の中で 
質量のある建築に興味ある人ー?って質問したら
小学生約半数、高校生60人中10人が 手をあげてくれました‼️嬉しい〜 
我々世代その気持ちを消さないように頑張って仕事しなきゃー と 思いました。
世の中まだまだ捨てたもんじゃないかも。
小学校の校長先生 推薦してくれた先輩 担任の先生 ありがとうございました。 
逆に私が感じる学ぶことが多かった 機会を与えてくださって 感謝しています。
長文失礼しました。
感想文は 宝物です‼️

211209-1.jpg


住宅建築家のお仕事

地元の小学6年生に お仕事の話してきました。
10人ずつ 3セット。 
住宅建築家のお仕事ってどんな仕事か 
みんなのお仕事はどうしたら見つかるかな? 
予想以上に キラキラした目できっちり聞いてくれた気がしました
建築に興味ある人いるかな?っ質問したら 半分くらいの生徒さんが手をあげてくれました
バーチャルな世の中が進む中 一からものづくりをすることにも興味持ってもらってくれてて 
嬉しかったですね‼️
住宅の検討模型を見せた後に 実際にそれができた竣工写真を見せた時や 
築年数が経った建物を蘇らせた改修工事の写真を ビフォーアフターで見せた時の 
オーっ!ていうびっくりした顔を忘れません。
エモーション パッションは やっぱり大事ですね。
このような機会を与えてくださった先輩 学校 保護者の皆様 逆に勉強になりました。 
ありがとうございました‼️

母校で進路講演会

3年ぶりに母校に行ってきました
各先生方が頼みやすい笑OB18人に選ばれ
高校3年生対象の進路講演会 してきました!
理工学部離れらしく 特に建築は希望者が少ないらしい。
そこでメチャクチャな半生を過ごしている私に建築の楽しさを教えてくれと
担任のN先生。1時間の講義を30人×2セット。
南イタリアでの出会いや留学生活 住居と食事のつながりがとても豊かで大切なこと、
進路については まずは右脳で感動したことを自分で認めて最後は自分で決める人生にしてほしいと 
偉そうに語ってきました‼️
半年ずっと引っかかってた案件でしたが 終わってホッとしました。 
何か伝わったかなあ
最近の子はおとなしいのねえ 俺たちの時代って メチャクチャだったもの。
しかし校舎はガラッと変わってて 面影は職員室と食堂 並木道だけ。
時間が経ったなあ と 感慨深い1日となりました。
211016-1.jpg

扶桑社 リライフプラス Vol.23 掲載されました。

大変遅ればせながら 新年あけましておめでとうございます。
ご挨拶も もう遅すぎですね!
昨年2016年は 弊所設計のマンションリノベーション物件 2度ほど雑誌に掲載されました!
12月13日発売のリノベーション季刊誌 リライフプラス VOl。23 4ページほど掲載されました。
横浜 マンションリノベーション。 リタイヤされたご夫婦が ご両親のお住まいであった200㎡もある住戸を一新し 新しい生活を楽しんでくださっています。
ご主人は大のJAZZ好きで お酒をのみながら音楽を楽しむひと時を、奥様は料理が得意!いままでの使いにくいキッチンから卒業して オープンキッチンを。
お二人のご要望を実現いたしました。
大きなリビングなのになんか閉塞的だった空間を広げ、その各々のコーナーには なにをするか 位置づけをしていきました。
それぞれの居場所を創っていくコンセプト。
ゆっくりお食事を楽しみ 会話も弾むと喜んでくださってます。
もしよろしければ本屋さんでのぞいてみてください。
3月まで売っています!!
ではでは 皆さまにとって 良い一年でありますように!
田邉淳司

扶桑社 リノベーション専門誌"Relife+"に掲載されました。

ブログが久々の更新になってしまっています。
ご無沙汰しております。田邉です。
今月3/14に 扶桑社から発売されていますリノベーション雑誌”Relife+" リライフプラスVol.20に 弊所デザインのリノベーションプロジェクトが掲載されました。
マンションリノベーションです。
ご両親のお住まいになる近くに中古マンション物件を購入、ライフスタイルに合わせたリノベーションを施し、程よい距離感を保ちつつ快適に豊かに住まう という特集です。
73ページから6ページも割いていただき、丁寧に紹介されています。
小学生のお子様の成長に合わせた間取り、オーナーのワークスタイルに合わせたキッチンダイニング空間を実現、また素材、空気感も 私のイタリアでの経験を生かした、シンプルながらさわやかで気持ちの良い空間を造りました。
もしご興味がありましたらぜひご覧ください。季刊誌なのでまだ購入できると思いますよ。上記URLリンクからアマゾンに行きます!
当方住まいにまつわる建築設計をしておりますので、マンションスケルトンリノベーションはもちろん 新築戸建て住宅、共同住宅や宿舎 研修所、家具デザインなども手掛けております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
タナベアツシ

あと1週間! 都内マンションリノベ

都内某所 マンションのスケルトンリノベーション 工事が進んでいます。

P5090662.jpg














シンプルでありながら 使いやすく! という 普遍的なテーマですが、今回のクライアントさんは私と同年代のご夫婦で、とてもスッキリとした空間をご所望されていました。
選んだのは 
①ウォールナット シックな木質建材としては最近本当に増えましたね。
②ライトグレーの扉と壁紙(織物調ですがかなりシンプルなデザイン)これがスッキリしてて良い!
③アクセントとして、ダークグレーの造作家具
この3種をバランスよく配置し、各々のスペースでの具体的な生活行動を実現します。
クロスも貼られ 家具も無事設置!
あとは電気と細かな材料の設置などで1週間で養生がはがれ 全貌がうかがえます
楽しみですねー!

あけましておめでとうございます あと広告。

2011年 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
て 2010年 二回もイタリアに行っておきながら全くブログ更新してませんでした すみませんでした。。
 帰国後 有難い事にプロジェクトが増え、とても忙しくなり、日本のお仕事をこなす毎日。
 
【広告!】突然 留学・インタンシップ・などの支援サイト アースタイムズ というサイトから取材依頼があり”留学体験をし、帰国後それを生かした活動を行っている人にインタビューする”という企画があるらしく、どういうものかよくわからないままインタビューうけました。それがこちら↓
http://earthtimes.jp/
真ん中ら辺の顔写真入り(恥)ここからクリックして入ってください。
 若い社長直々に自宅事務所まで来ていただき、1時間半 熱心に私の留学体験談を聞いてくださいました。
 帰国後 もう4年以上にもなるのに、このブログを残しておいたおかげで、こういうご縁も生まれるのですね。
 インタビューを受けることで、自分の思い抱いていた事を整理できたし、良いインタビューでした。
 長いんですけど、もし良かったらご覧ください。うまくまとめていただいた!と思ってます。
ということで とりいそぎ、新年早々、広告でした。

下の写真は昨年10月に再会しましたマンマニネッタと私。

相変わらずの豪快っぷり。元気でよかったです。

そして久々のヴェネツィア写真。また更新します。


ここも相変わらずのキラキラ感。ビエンナーレにも行きました。





建築研究振興協会 建築の研究188号(2008/08 発売)

建築研究振興協会 建築の研究188号(2008/08 発売)
"南イタリア・プーリア州における石の文化について"寄稿


新潮社 旅 バックナンバー(2007/07/19発売)

新潮社 旅 バックナンバー(2007/07/19発売)
"プーリア特集"取材協力
http://www.shinchosha.co.jp/tabi/backnumbers.html


丸善出版 イタリア文化事典(2011/02発売)

丸善出版 イタリア文化事典(2011/02発売)
"都市アルベロベッロの魅力" 寄稿
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/italia_bunka/index.html


12

« ダイアリー | メインページ | アーカイブ | いろいろな見聞 »

このページのトップへ