HOME > 生活創造建築家 タナベアツシのブログ > いろいろな見聞 > 東山慈照寺銀閣

生活創造建築家 タナベアツシのブログ

< 京都へ  |  一覧へ戻る  |  事務所飲み会 >

東山慈照寺銀閣

おそらく20年以上振りの東山慈照寺銀閣訪問。!
180403-8.jpg

外国人観光客の群衆かき分け
桜満開の哲学の道北端までたどり着きました。
180403-12.jpg

入ってしまえば 混んでいながらも
凛とした落ち着く空間です。
今回は春の特別入館ができるということで
教科書に出てくる書院造のスーパーヒーロー 東求堂 に入りました!
180403-9.jpg

8年かけて足利義政公が作り上げた理想空間。
日本初?書斎 同仁斎 もこの東求堂の1部屋です。
北側の床の間障子を開けると
美しい優しい光に包まれた裏庭が
掛け軸と見立てて眺められ 床自体が書を嗜む空間に、
現代でいう “明かり窓付造り付けデスク”であることを知りました。
なるほどー...
この同仁斎では お茶を楽しむ空間でもあり
4畳半という和室構成も生まれた部屋でもあるとのこと。
千利休が茶道を極める100年も前の空間と考えると
この質素な空間が国宝であることが頷けます。
東求堂入館料¥1000.-。 写真撮影出来なくて残念でしたが、
タイムスリップには安すぎる経験でした!

このページのトップへ