HOME > 生活創造建築家 タナベアツシのブログ > イタリアの事 > 来週のウルルン滞在記はプーリア!

生活創造建築家 タナベアツシのブログ

< アルベロベッロの隣町 チステルニーノ  |  一覧へ戻る  |  キッチンをよく見る! イタリアでの経験を生かそう >

来週のウルルン滞在記はプーリア!

ビックリしました。
今 妻Kと”ウルルン滞在記”を見ておりました。
カンボジアの地雷除去の家族の大変な生活を 見ておりました。
 いつもの切ない 感慨深いエンディング(今週は特に深かった)の後、来週の予告をみたら、


なんと
ゆうこりんこと 小倉優子さんが 我々の住んでいた3つ隣町の”オストゥーニ”という町で パスタ”オレキエッテ”をイタリアマンマから学ぶ!というではありませんか!!

びっくりしました



これがオストゥーニの町です。私の事務所のトップページも飾ったことのある町。 

ゆうこりんが オレキエッテを作る?
オレキエッテは俊敏な業を要するパスタです。 前々回書きましたとおり、熱湯でこねて 暑いうちにすばやく作らないと乾いてしまうパスタ。 テレビではのんびり見えるゆうこりんが作れるのでしょうか。?

オストゥーニは 私のブログでもたまにでてくる”白い要塞都市”で、古くは中世以前からある 迷宮です。アドリア海からの敵を見張る丘の上に建てられており、それはまさに要塞そのもの。
前回のチステルニーノ同様、漆喰で塗り固められた町ですが、ここは丘の上にあるプラス 坂道。
 町全体がひとつの建築物のような構造になっており、町の中心が一番標高が高く、町の端部は一番低い。つまり雨が中心から端部に向かって流れ落ち 町の樋でもって雨を流す仕組みになっている 災害上でもとても優れている町です。上の写真のポツポツと壁から出ている突出物が 町の樋にあたる物体です。

 階段も多いのですが、チステルニーノと違い、建物の2階に上がる階段ではなく 道そのものが階段になっていることが特徴です。 



この迷宮感といったら、プーリア州の中でも一位 二位を争う臨場感。 私の姪っ子ちゃんたちも走り回った 大変印象的な町でもあります。
 予告では”トマトソース”や”菜の花パスタ”が出てくるらしい気配がありますが、 これは実はバーリ(bari)というプーリアの州都の方が有名で オストゥーニはむしろサラミや肉料理の方が一般的なんです。

 私も来週の”ウルルン”楽しみにしております。
 P.S.前 TBS 世界ふしぎ発見! でアルベロベッロを特集した際、残念ながらクイズの答えが根本的に間違っているようです。詳しくはここではいえませんが。 今回もそのような誤報道がないように祈っております。


このページのトップへ