HOME > コンセプト

コンセプト

あなたの家族のかたちは風景になっていきます。 私たちが創りたいのは、豊かな風景と豊かな時間です。

建築家 アントニン・レーモンド

The simplest, the most natural, the truly functional, the most direct and the most economical only, is truly divinely beautiful.
最も簡潔にして直截、機能的にして経済的、かつ
自然なるもののみが真に完き美を有する。
建築家 アントニン・レーモンド

これは私が以前勤めていたレーモンド事務所主宰 モダニズム建築家の故アントニンレーモンド氏の言葉、私の座右の銘です。

ひとは何のために家を建てようと思うのでしょうか?
それは愛する家族を守るため、そして豊かに暮らしていきたいという思い。
家族や人をもてなす気持ち、それが家創りの源泉ではないでしょうか。
とても単純なことですが、とても大切なことです。

では、建築家はその思いにどう答えていけばよいのでしょうか?

もちろん建築家は建築物という物体を設計することが主な業務ですが、単に形としての建物を作るだけでは足りません。大切なのは、家族の思いをどう捉え、幸せになるための家とはどんなものか共に話し合っていくことだと思います。一つ一つの家族のかたちは違います。一人一人の人間が快適に住めるような暮らし、それを総合的に見極めることが大切です。
"一つ一つの家族のかたち"のためにバランスよくデザインされたものは、使いやすく、住んでいて楽しい空間になります。
結果的に、家族は家を大事にし、使い込んで良くことで町の風景へとつながっていきます。


日本とイタリアの設計経験を生かし、個々のライフスタイルの創生をめざします

私は2006年に南イタリアで生活をしてきました。そこには日本人が忘れていた とても大切な時間が流れていました。
彼らは400年前に建てられた石造りの民家に現在でも快適に住んでいますが、どの家も綺麗に整理が行き届いていて、民家に対する誇りと愛着を感じました。民家一つ一つはすごくデザインが優れているわけではないのですが、その誇りと愛着から来る町全体の風景というものを強く感じました。

良い風景は建物のデザインから出ているのではない。そこに住む人の愛着と誇りからにじみ出てくるものだ
と思います。私はイタリアに行き、ここに気づいてから、主に住まいの建築家になろうと決意を新たにいたしました。

私は建築家として、お住まいの方から滲み出てくるような生活の風景と豊かな時間をご提案したい、そして一つ一つの家族のかたちを実現して一人でも多くの方に快適に暮らしていただきたい、常にそう願っております。

田邉淳司


このページのトップへ