カテゴリ

HOME > 実績・活動内容 > リノベーション > M House renovation

実績・活動内容

< 玉川医師会館 改修工事 監理業務(株式会社三宿工房との監理協力)  |  一覧へ戻る  |  L House renovation >

M House renovation

細かく設定できる建築家との リフォームの可能性

M House renovation

所在 東京都 世田谷区
種別 マンションの1住戸のリフォーム
床面積 約80m3
竣工 2009年11月
施工 株式会社大周建設 請地家具

Before & After

Before

M House renovation

眺めは良いリビングですが、まあいわゆるリビング。

→

After

M House renovation

60インチ!テレビを掛けられる造付のオープン棚を壁一面に。

Before

M House renovation

分断していたキッチンとダイニング

→

After

M House renovation

キッチンの扉を取り、ダイニングとつなげました。
テーブルがあたかもキッチンからのびているようなデザインに。

Before

M House renovation

3LDKマンションは廊下がつきものですが。

→

After

M House renovation

廊下と子供部屋の扉開き代空間2m×2mを利用し“本棚兼家事室”に大変身。
開閉可能なテーブルは子供達の椅子やアイロンがけにもなります。

Before

M House renovation

キッチンは予算上そのまま使いましたが。

→

After

M House renovation

扉だけ家具屋さんに交換。大幅なコストダウン成功。
ダイニングとの雰囲気もマッチしました。

この実績について

 とても眺めが良いリバーサイドのマンション1住戸 雰囲気と使い方を変えるリフォームです。4人家族で皆が一緒にくつろげるリビングの実現と、マンションの廊下を"みんなの図書室兼家事室"にしてしまうリフォーム。ホワイトナチュラル系に刷新された空間は前と比べてみちがえるようになりました。
 このプロジェクトは、リフォームもてがける工務店さんと、家具創りに情熱を傾ける家具屋さんとのコラボレーション という形を取りました。住宅は予算も限られることもありますし、あるラインナップからでは十分気に入ったものをそろえることも困難です。リフォーム業者さんと 建築家リフォームの大きな違いは、その"細かさ"と"業者さんの設定の融通"にも現れます。一社に頼めばその分楽ですし、工事中のトラブルや間違いも少なくなります。ですが、建築家の細かいチェックと打合せ、コミュニケーションなどを注意して整理すれば、一番お金もかからず気に入った空間を手に入れられることがわかりました。またその方式に乗ってくれる情熱のある工務店さんや家具屋さんの存在には感謝!しかありません。
 小回りの効く小規模の建築家ならではの動きは不可欠だと感じたプロジェクトになりました。


このページのトップへ